快くOKしちゃう!夜の誘い方


交際中の彼女や妻から夜の営みを断られてしまう男性の悩みを聞くことがありますが、断る側にもそれなりの理由があってのこと。

「そういう気分じゃない」という理由の他、誘い方がぶしつけだったりすると誘われる側は気分になれないこともあります。

では、どういうふうに誘われたら女性はOKしたくなるのか20代~30代の女性に聞いてみました。

■さりげないスキンシップ

「いつも気にしない彼なのに、デートの時に右側を歩いて私を守ってくれてるんだと気付いたときや、電車の中で立ってるときに体を支えてくれたりするなど日常の中でのスキンシップがいつもより増えるとドキドキする。そんな思いになってるときに誘われると待ってました!ってなります(笑)」(28歳/OL)

ちょっとした心がけやスキンシップが大切なんですね。

普段、あまりベタベタしない彼の方が効果が大きいのかもしれません。

■甘えられるとき

「普段は私が甘えることばかりなのに寝るときに甘えられるとドキっとくる。私の胸の中で小さくなってる彼を見るとドキドキして、そのあといたずらされても「可愛いから許しちゃう」と思えます」(27/)

「寝るときに甘えられるとグッと来る。普段は腕枕をしてくれたり、抱きしめてくれる彼が私の腕の中で小っちゃくなっているのを見るとキュン、とする。そのあとすぐにごそごそされても『かわいいからまあいっか』と思えます」(28歳/建築)

甘え上手な女性に「可愛い」と思う男性が多いと思いますが女性も「可愛い」男性に弱い?

■後ろから「ギュギュッ」

「後ろから優しく抱きしめて、「したいな」とささやかれるとドキっとする。」(29歳/事務)

後ろから抱きしめられるとドキドキする女性多数。

ちょっと御無沙汰の方は試しに後ろからそっと抱きしめてみるのもありかもしれませんね。

それとは反対に、絶対こんな誘い方はNG!という声も。

■女性が引いてしまうNGな誘い方

「寝てる間に勝手に脱がされた。」(24/販売)

「幾度となく「しよ」「やりたい」と言われ続けるのはどう頑張ってもNG。ムードくらい作れるように勉強してから来いと言いたくなる」(32歳/外資系)

片方だけの都合を押しつけた欲求は誰だって嫌なものです。

ほんの少し工夫をするだけで女性の気持ちはほぐれるのに手を抜かれると冷めてしまいますよね。

あなたなら、どんな誘われ方がいいですか?